バスルーム

ライニングの方法

銭湯の蛇口

ライニングの方法は2種類で、既存の配管に防錆加工を施す方法と、配管を防錆加工済みのものと交換する方法があります。

一例としては、老朽化した配管から水漏れがする場合、まず吸引車を用いて配管の内部をクリーニングしてから、管の内側を特殊な樹脂製の塗膜でコーティングして防錆性と防水性を高める方法があります。この方法を用いると配管を取り外さずに状態を改善することができ、給水管から赤い水が出るなどの事例にも効果的です。

ライニングの必要性
戸建に住んでいるとあまり感じないかもしれませんが、マンションやアパートなどのトラブルで多いのが水のトラブルです。トイレの天井から水漏れがしている、お風呂の排水の音がうるさい、水の勢いが弱い等、上も下も横も住人がおり、配管を通してつながっているが故のトラブルも多いものです。ここでライニングが必要になってきます。

ライニングとは金属の表面の腐食、摩耗などを防ぐための手段で用途に適した材料を張り付けることで、防水を施すことにつながります。それは強化プラスチックであったり、樹脂であったり、耐蝕性の金属だったりするわけです。

ライニングの概要

テレビ付のお風呂

ライニングとは金属等の腐食や摩擦を防止するために施される表面被膜処理のことで、裏張りや裏付けとも言います。素材の水漏れを防ぐ防水のために、各種のライニング材料を表面に薄く被膜することで、素材を長持ちさせる効果があります。

材料として多いのは、樹脂や強化プラスチックやステンレスやゴムや硝子といった、いずれも水分による腐食や酸化に耐える性質を持った物質です。特に水に晒されることの多い水道設備などには必要な処理となっています。

防水の方法

お風呂場

雨などに対する家屋の屋根・壁面などの防護はもちろん、水道関係の施設における水漏れ防止などのポイントにおいても、防水は重要な要素です。

そのために用いられるライニングと呼ばれる方法は、母材となるコンクリート・モルタル・木材などに用途に応じた皮膜を貼り付けるものであり、皮膜の材質としては水分を通さない働きに優れたFRP・ポリウレア樹脂などが挙げられます。特に水道関係の施設においては「溶出などによる水質汚染をしない」「耐薬品性やひび割れへの追従性に優れる」「施工性や耐久性が高い」といった部分が皮膜貼り付けにおいて大事なこととなっています。

防水のメリット
防水のメリットは、水辺の近くまで持っていけるということです。

最近では、携帯電話やデジタルカメラにもその機能がついており、とても多くの種類が売り出されていて、海の中やプールの中で写真が撮れるということもあり、とても人気です。また、お風呂での入浴時にメールや電話などで連絡を取り合ったり、音楽を流すことができるというのも人気の理由の一つです。また、防水でない機種でも高性能のケースを使えば、水の中で使うことが可能になります。

防水の概要

洗い場

防水とは、水漏れなど水の侵入を防ぐことを指します。ウォータープルーフとも呼ばれます。

主にカメラ、携帯といった電気機器など水分を大敵とする物に対して加工が行われ、建築業界では屋根から雨水が漏れてこないようにすることや地下室に水が漏れださないことなどを指します。

程度を示すため完全・生活・日常生活といった言葉が付くことがありますが、何らかの規定に基づくものではありません。また最近ではこれらの用語に代わり、JIS防水保護等級での表示が用いられることが多くなりました。