バスルーム

モレを防ぐ

家の中で起きる困りごとの中でも、水回りのことはなかなか大変です。水が漏れていろんなところが濡れて、それをきれいに拭きとるだけでも疲れてしまいます。
とりわけ、キッチンで水漏れがするとお母さんは大変です。料理をしたり水を汲んだり、いろいろと用事のあるキッチンで、排水口があふれたり、水がぜんぜん出てくれなくなったり、足もとの床に水が漏れだしたり……。
これは、至急何とかしなければ。
キッチン以外でも、お風呂回りとかトイレ回りとか、とにかく水漏れは始末が悪い。そういうわけで、防水工事のご紹介です。

特にここで注目したいのは、給水管と排水管、つまり家の中に水を巡らせるために存在する配管の防水工事です。
老朽化した配管の内側がボロボロになって、穴があいて、そこから水が漏れ出すことで床が濡れたり、あるいは蛇口を捻っても水が出てこなかったりといったことが起きるのです。
そして、配管というのはいつかは必ず、生まれては老いるこの世の理に従って、老朽化してしまうものなのです。ですから、配水管による水漏れを防ぐ防水工事というのは、全家庭の問題でもあるわけです。

工事の方法としては、昔は古くなった配水管を取り出して、新しいモノを取り付けるということが行われていましたが、自分の家のことを思えば分かると思いますがこれは大工事です。
取り外しと取り付けに時間が掛かるし、その間は水回りが使用不能です。
そこで生まれたのが、ライニングという方法なのです。

管更正といわれるこの工事は、配水管を取り替えるのではなく、今ある配水管を昔のように水も漏らさぬ状態にリフォー